半平のきまぐれ日記

ADHD(注意欠陥多動障害)の20代の図書館員が本を読んで、映画を見て、あるいはその他諸々について思ったことを気まぐれに綴ります。(※本ブログはAmazonアソシエイトを利用しています。また、記事中の画像は、断りのない限りWikipediaからの引用、もしくはフリー素材を使用しています)

不器用に咲く君の花がいい

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

「半平のきまぐれ日記」史上初(たぶん。何か前にもやった気がしてきた(笑))一日ニ回更新でございます。

明日が初出勤で気持ちが昂ぶっているのと、図書館で働き出したら、しばらくブログを書く余裕がなくなる予感がするので今書きます。

テーマですが、私の就職に伴い、今までお世話になった就労移行支援事業所は退所しましたが、その修了式での私のスピーチで言ったことを書きたいと思います。



修了式では職員さんと利用者が一人ひとり私にお祝いのコメントを言ってくれますが、その中でいくつか聞かれたのが「初めの頃は静かで近寄り難かった」ということ。

今は全然違いますが。

おそらく、何度も挫折を繰り返すうちに、知らず知らずのうちに鎧を着ていたのかもしれません。


けれど、鎧を着たままでは動きにくいし、しんどいし、事業所に通ったり、色んな経験を繰り返す中で段々鎧を着るのがバカらしくなってきました。

今では褌一丁で、逆に着物くらい着ないと風邪をひくかもしれません。

何にせよ、今の自分の方が好きですからいいんですが。

私をこんな風に変えてくれた全てのものに感謝します。


さて、今日のタイトルは私の好きなさだまさしさんの「不器用な花」という歌の一節から取りました。

一生懸命がんばってるんだけど、なかなか芽が出ない。

それでも不器用に咲こうとする人たちを応援する、そんな歌です。



うん、めっちゃ自分のこと重ねてますね(笑)

私も色々不器用な人間ですから「不器用に咲く君の花がいい」なんて言われたら泣きそうになります(笑)


私は人間とは「考える花」であり、「動く花」だと思っています。

人はみんな、それぞれに花の種を持っている。

人はそれを咲かせないといけない。


自然界の花と同じように、一見すると綺麗でない花もあるかもしれない。

けれど、そんな花は凄い力を秘めているのかもしれない。

何よりも、そこに咲いているからには何か理由があるはずだし、力の限り咲く花はただそれだけで美しい。


仏教ではこの世界、あるいはそこに生きる全てのものをひっくるめて「三千大世界」と呼び、自他の境界を無くして、自分を三千大世界と一体化させることを目指します。

私はそれを人の幸福を願い、喜び、人の不幸を悲しむことだと思っています。

そして、一生懸命に生きる互いを労わりあうことだと。


効率的で生産的なものだけを良しとし、そうでないものを切り捨てる。

そんな考え方を極端に推し進めていけば、(相対的な非効率が絶対に無くならない以上)後に残るのはただ不毛な世界だけでしょう。

そんな世界では結局、だれも幸せになれない。

相模原の障害者殺傷事件の犯人は、この種の考え方の持ち主なんだろうと思います。


そうではなくて、だれもが尊重される世界の方が、よほど豊かで幸せになりやすい。

どうせ暮らすならそんな社会の方がいい。


私の力は所詮微々たるものかもしれない。

しかし、自らが発達障害を持ち、社会の情報拠点である図書館で働く以上、そんな社会の実現に少しでも貢献したいと思っています。


まずは私が通っていた事業所の所長さんを、いつか図書館のイベントで講師に呼びたいと密かに思っています。


今日はこんなところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

明日から仕事がんばります。

たとえ人生に何も期待しなくとも・・・

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

図書館への初出勤を明日に控え、少しばかり緊張している半平です。


突然ですがあなたの家が火事になり、家族やペットは全て逃げ出し、預金通帳などの財産も持ち出せたとして、あともう一つだけ何かを持って逃げられるとしたら、あなたは何を持ち出しますか?

私の場合、それは一冊の本です。

今日はその本の話をしましょう。
 

「あなたはなぜ生きるか?」

このシンプルな問いに答えられる人は果たして何人いるでしょうか?

このブログでは何度か似たようなテーマを取り上げていますが、それでも真正面から問われるときっとたじろいでしまうでしょう。


この問いを考える時、私は今日取り上げる本を思い出します。
 
それは精神科医ヴィクトール・フランクルが書いた『夜と霧』という本です。

ユダヤオーストリア人である彼は、第二次世界大戦ナチス・ドイツの手によって強制収容所に入れられました。

そして、ともに収容された両親と妻を失っています。

その収容所での体験を綴った手記が『夜と霧』です。


夜と霧 新版

夜と霧 新版


この手記で貫かれているテーマ。

それは「いかなる時にも人生には生きる意味がある」ということです。

そしてその意味は、だれかから与えられるものでも、あらかじめ用意されているものでもなく、自分で見つけ、つくりださなければならないということです。

さらに言うならば、人は常に生きる意味を問われている。
 

フランクルは語ります。

収容所では生きる意味を見失った者から死んでいったと。

強制労働の合間に見た夕焼け、収容者仲間と本や音楽の話をすること、それら一つひとつが生きる意味になりました。

ある収容者は生きて子どもと再会することを、別の収容者は自分の研究テーマについての本を書くことを生きる意味にします。

フランクル自身も、生死も定かでない妻を心の中で思い、彼女への愛を感じることを生きる支えにします。



ヴィクトール・フランクル(1905〜1997)

被治療者が自らの「生きる意味」を探し出すのを援助することで治癒を目指す「ロゴセラピー」の考案者。収容所に入れられた時点でその理論は完成しており、収容体験がその正しさを裏付けることになった。
極限状況を経験しながらも終生、快活でユーモアに富み、多くの人に慕われたという。生還後に再婚。学会なとで何度か来日もしている。
代表作は『夜と霧』の他に『それでも人生にイエスと言う』、『意味への意志』など。

 

私がこの本に出会った時、私は前職で毎日のように失敗をし、そのせいで職場で孤立し、仕事に行くのが心底苦痛だった時期でした。

どれだけ努力しても報われない日々に何の意味も感じていませんでした。

この本を通勤電車の中で読みまして、涙をこらえたのを覚えています。

こらえきれずに涙ぐんだんですけど(笑)
 

たとえ私が人生に何も期待しなくなったとしても、人生は私に期待している。

そう思えただけで、不思議と元気と勇気が湧いてきました。

今私がここにいるのは、この本のおかげかもしれません。
 
 
私のように向き不向きの激しい人間は、向いていない仕事に就くべきではない。

図書館の仕事はたぶん向いているので、今までよりはるかに活き活きと働けるでしょう。

何よりやっていて楽しいですし。


それでも人生にイエスと言う

それでも人生にイエスと言う

意味への意志

意味への意志


けれど、そんな仕事であっても悩むこともあるし、失敗することもきっとある。

けれど今回は、それを乗り越えることを楽しめる気がします。
 

ここで冒頭の問いに戻りますが、私の生きる意味は、愛することに見出したい。

仕事や人や自分をどんな時も愛すること。欠点や嫌いな点も含めて愛すること。

たとえ報われなかったとしても愛し、愛したことを後悔しないこと。
 

そして「まだまだこの世にいたいなあ」と思いながら最期の時を迎えたいものです。


今日はこんなところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 

たとえ、世界が狂気に満ちていても

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

少し前の話になりますが、先日「ハクソーリッジ」という映画を見に行きましたので、今日はその話をしようと思います。


第二次世界大戦末期の沖縄戦でアメリカ軍の衛生兵として従軍した実在の人物、デズモンド・ドスを描いた映画です。

この人物が歴史に名を残したのは、衛生兵とはいえ、一切武器を持たずに戦場に立ち、70人を超える兵士の命を救ったからでした。



母に暴力を振るう父を殺しかけて以来、「決して人を傷つけず、殺さない」と誓ったデズモンド。

戦争が始まっても徴兵を忌避していましたが、周りの若者が次々と戦地に行くのを見て、衛生兵としての従軍を決意します。


訓練が始まっても決して銃を手に取ろうとしないデズモンドは、仲間たちから疎まれ、軍法会議にかけられます。

しかし、家族や恋人の尽力で遂に特例で武器を持たぬ衛生兵としての従軍を許可されます。

彼が配属されたのは、沖縄戦線。

デズモンドの部隊の前に立ち塞がったのは、「ハクソーリッジ」と呼ばれる切り立った断崖と、そこで待ち構える日本軍でした。



映画でデズモンドを演じたアンドリュー・ガーフィールド


とにかくこの映画、戦場の描写が実に生々しい。

凄惨と言ってもいい。

少なくともこの映画を見て、軍隊に入りたいと思う人は、あまりいないでしょう。

ホラー映画など足元にも及ばない。

生きている人間こそが、もっとも恐ろしいと思い知らされるでしょう。


ハクソー・リッジ (オリジナル・サウンドトラック)

ハクソー・リッジ (オリジナル・サウンドトラック)


さて、この映画を見るたいていの人は思うのではないでしょうか。

「そんなに人を殺したくないなら、戦争など行かなければいいのに」と。

実際にデズモンドも劇中で何度となくその様に言われますし、私もそう思いました。


「絶対に傷つけず、絶対に殺さない」という彼の信条は、戦時下では異端でしかない。

軍隊ではまさに狂人扱いです。

デズモンドはただ、人間として当然の倫理を実践しているだけなのに、です。



そのことに気づいた時、私ははっとしました。

戦時下における倫理の逆転にです。

人を殺すという最悪の行為が、相手が敵国の人間であるという、それだけの理由で許されてしまう、その不条理さに観客はいつか気づく。

狂っているのはデズモンドではなく、彼を狂っているように見なす時代であり、社会なのだと。

それこそがこの映画の肝だと思います。


それに気づいた時、デズモンドの行動の意味が分かる。

殺したくないけれど、自分だけ安全地帯にいることを、彼は自分に許さなかった。

だからこそ、衛生兵として従軍しようとした。

周りが、あるいは時代がどうあれ、自分の信じる倫理を実践しようとした。


部隊からはぐれて取り残されたデズモンドが、たった一人で負傷兵の救護にあたるシーンがこの映画のクライマックスです。

人が当たり前のように死に、だれもそれを疑問に思わない中で、「あと一人」と神に祈りながら敵味方問わず負傷兵を助けようとするデズモンドの姿は、何か人間が決して失ってはならないものを象徴している気がします。


戦争に至るまでの過程は必ずしも善悪で割り切れるものではありません。

しかし、戦争それ自体は絶対悪であると、私は思う。


この映画が描いているのは、(たとえ人は殺していなくとも)デズモンドのような人さえ、戦場に立たせてしまう戦争の理不尽さ。

そして、どんなに世界が狂気に満ちていたとしても、自分なりの良心に従って生きることが人間の強さであると思うのです。


今日はこんなところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

後輩に贈った詩集

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

七月も中盤に入りまして益々暑さが厳しくなってますね。

私は暑さが大の苦手ですから、もう一歩たりとも外に出たくないという心境です(笑)


さて先日(と言っても数ヶ月前の話ですが)、近々結婚する大学時代の後輩に一冊の詩集を贈りました。


吉野弘詩集 (ハルキ文庫)

吉野弘詩集 (ハルキ文庫)

[後輩に贈った詩集。他にも「夕焼け」、「生命は」など心に迫って来る詩が満載です]


それは詩人の吉野弘さんの詩集なんですが、私はそこに収められていた「祝婚歌」という詩がとても好きで、結婚する彼女にぜひ読んで欲しいと思いました。

確か去年くらいにNHKの番組で紹介されましたし、結婚式のスピーチでよく引用されるそうなので、ご存知の方も多いかもしれません。


吉野弘さんの「祝婚歌」


「立派すぎない方がいい」、「完璧をめざさない方がいい」、「どちらかがずっこけている方がいい」・・・・・

この詩を読んでいると私の両親を思い出します。

当人たちには言えませんが、私は結婚するならうちの両親のような夫婦になりたいと密かに思っています(ただ、うちの親の場合、どちらがずっこけているのか、よく分からないことが多いんですが・・・まあいいか)。


私はずっこけていることにかけては自信があるので、優しくてしっかり者の大好きなあの人が、お嫁さんになってくれたらいいなあと思っています(照)


ところで、同じ詩集に載っている「I was born」という詩も私は好きです。


I was born:吉野弘


文法上の発見を無邪気に父に報告する子。

そんな息子に父は蜻蛉の話をする。


確かに、人に限らず全ての生き物は「生まれさせられた」、産み落とされた。

そこに生まれる側の意思はないのかもしれません。

けれど、産む側からしてみればそれは命がけのこと。


命を賭けてまで、私をこの世に産み落としたいと思ってくれた人がいた。

だから、私はこの世にいる。

少なくともそのことを忘れないようにしよう。


今日はこんなところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

仕事と伴侶、この二つを好きになれたら人生は幸福だという

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

大変お久しぶりです。

実に1ヶ月以上更新の間が空いてしまいました。

皆さんに忘れらていないか、少し(かなり?)心配です(笑)


実は先月末からとある公共図書館へ実習に行っていました。

そして、約1ヶ月の実習の結果、そこで契約社員として雇っていただけることになりました。

ずっと就きたいと思っていた仕事に就けて、今でも信じられない思いです。


それもこれも、就職に向けてサポートしてくださった就労移行支援事業所の職員の皆様、経済的・精神的にバックアップしてくれた家族、励まして気にかけてくれたその他のたくさんの方々のおかげです。

この場を借りて、御礼申し上げます。


さて、そこで今回の記事では図書館を目指した理由や、やりたいことを書きたいと思います。


・・・とは言いながら、なぜ図書館で働きたいと思ったのか、自分でもよくわかりません(笑)


今通っている事業所に入ってから間もなくして、所長さんに司書の資格を取るのを勧められて、「本好きだから合ってるかも」くらいの気持ちで勉強を始めて、気がつけば「絶対に司書になって図書館で働くんだ!」と思ってました。

実習に行っても確かにしんどいし、苦手なこともたくさんありましたが、それを克服するのも励みになったりしてました。

何より、働くことを心から楽しいと思えたのは初めての経験でした。

これって何だか恋に似ている気がします。

だれかを好きになるのには理由がない。

そして、時に欠点さえも好きになるし、障害があるとファイトが湧く。

そんな話を以前親にしたら「仕事と恋は違う」と言われましたが、根本的な部分は同じか、少なくともよく似ているとやっぱり思います。

まあ、賃金が発生する、しないの違いは確かにありますけど(笑)

そう言えば、イエール大学の行った調査でこんなのがあります。

軍の士官学校の学生に軍人を志望した理由を訊いて、具体的な目標や理念を答えたグループと、漠然とした理由や、ただ軍隊やそれにまつわるものが好きだからという理由を答えたグループに分けて、長期の追跡調査をしました。

すると、後者のグループの人々の方が、前者のグループの人々より軍隊に残り、かつ高い地位にいる確率が15%高かったんだそうです。

明確な動機が思いの強さを示すわけでは必ずしもない。そして「好き」に勝る強さはないということでしょうか?

今日の表題に引用したのは、私の好きな城山三郎さんの『小説日本銀行』に出てくるセリフです。

だれかを愛することが、「その人に自分のでき得る限りのことをすること」なら、仕事を愛することは「その仕事で自分のでき得る限りのことをする」ことだと、私は思います。

それが全てではないにせよ、少なくとも重大な一部分ではあると思う。

小説日本銀行

小説日本銀行

終戦直後のハイパーインフレ下で中央銀行の理想に燃える若き日銀マンの話。結末は切ない]


だから、一生懸命だれかを好きになったり、愛したりするように、一生懸命仕事をしよう。

それを通じてだれかを少しでも幸せにしよう。

そして、自分も幸せになろうと、私は思います。

「愛する仕事」はどうやら見つかったらしい。後は「愛する伴侶」だけだ(笑)


これからは仕事の話も、書ける範囲でこのブログでして行きたいと思いますのでお楽しみに。


今日はこんなところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

これからもきっと、うろうろしよう

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


有漏路より 無漏路へ帰る 一休み
雨降らば降れ 風吹かば吹け


これは室町時代の禅僧・一休さんがその師・華叟禅師より「一休」の法名を授けられるきっかけとなった歌ですが、今日もまた一休さんの話をしたいと思います。



一休禅師木像
一休さんがその死の前に弟子たちに残した木像で、自分の髭や頭髪を植え付けてあったと言われています。そうすることで型にとらわれない自分の姿を弟子たちに伝えようとしたのだそうです(写真出典:酬恩庵一休寺HP方丈


一休さんの生涯を描いた漫画に坂口尚『あっかんべェ一休』というのがあります。

この漫画の存在を知ってからずっと読みたいと思っていたのですが、先日古本で手に入れることができました。

早速読みましたが、自分の人生において大切な本になるだろうと直感しました。

何しろ、出だしが遊女屋から出てきた一休さんが、たまたま通りかかった僧侶にあっかんべをして、「淫乱は天然じゃ」と叫びながら走り去るシーンですから、振るっています(笑)


私が手に入れたのはこの文庫版。コミック版は全4巻ですが、どちらも絶版になっているようで図書館で探すか、古本を手に入れるしかありません。名作なのにもったいない。


一休さん後小松天皇藤原氏の血を引く女官の間に生まれます。

そのまま行けば、皇子の一人として育つはずが、母が讒言により宮中を追放されたことで、幼くして安国寺に入れられます。


持ち前の機転と聡明さで頭角を表しますが、当時の大寺院では表向き戒律を守りながら、実態は貧しい人々を顧みず世俗的な成功を追い求め、権力者と癒着する僧侶たちが主流になっていました。

そんな実態に失望した一休は安国寺を出奔。

最初は謙翁禅師、その死後は華叟禅師に師事して27歳にして悟りを得ます。


しかし、悟りを得た一休さんはどこの寺院に属するでもなく各地を放浪する度に出ます。

ぼろぼろの法衣を纏い、髪と髭を伸ばし、人々の仕事を手伝って食料をもらう。

そればかりか、肉や魚を食べ、酒を飲み、遊女屋に足繁く通う。

当時の仏教界の常識からすればあるまじき行動にかつての修行仲間をはじめ、多くの僧侶たちからは眉をひそめられますが、庶民たちからは慕われます。



作中では他にも大徳寺を開いた大燈国師の法要の最中に女性とことに及んだり、お地蔵さんに小便をかけるなどの行動が描かれていますが、これらは全て一休さんの事績として記録に残っています。


当時は折しも室町幕府の力が弱まり、戦国乱世へと移っていく過渡期で、庶民は飢えや貧しさ、それに戦火によって苦しめられていました。

衆生救済を掲げるはずの仏教界はそんな現状に見向きもせず、ひたすら権力者に阿って、自分の寺を大きくすることしか考えません。

一休さんの破天荒な行動は、そんな形骸化した仏教への抗議であると言われています。


しかし、私にはそれだけとは思えません。

この漫画を読んでいると特にそう思います。

一休さんは悟った後も迷い、悩み続ける。

自分の生き方や生きる意味について。

理不尽な世界で人々が生きる意味について。


私が思うに一休さんは真心に生きた。

全身全霊で迷い、悩み、笑い、悲しみ、愛した。

ひたすら己の道を生きた。

戦乱や悪政に虐げられる人々を見ては怒り、彼らと共に生きた。

その結果が一見すると奇矯とも思える行動だったのではないでしょうか。


一休さんの悟りとは、悩み続けることであり、一休の道とは、迷い続けることであったという気がします。


今日の冒頭で一休さんの和歌を紹介しました。

あそこに出てくる「有漏路」は「うろじ」と読み、煩悩のある世界、つまりこの世のことを指します。

煩悩のある有漏路から、煩悩のない無漏路へ帰る道の一休み。

これが人生だ。

だから、雨が降ろうが風が吹こうが大したことないーこれが歌の意味と言われています。

また、「うろじ」は「うろうろ」とかかっているとも。


生きるとは、まさに「うろうろ」することなのでしょう。

私自身、自分の人生がどうなるか分からない身の上で、おまけにこの時代、世の中がどうなるかもよく分からない。

けれど、見通せなくていいと思うんです。

なぜかこの「有漏路」に生まれたのだから、うろうろしながら生きていこうと思います。


今日はこんなところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

女ったらしの純愛物語

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

私が最近気に入っている漫画で『ビッグコミック』に連載中の『荷風になりたい』(原作・倉科遼、作画・ケン月影)いう作品があります。

どういう漫画かと言うと、作家・永井荷風の生涯を主にその女性遍歴から描いたものなんですが、これがまあおもしろい。



内務省のエリート官僚の父の元に生まれた荷風(本名・壮吉)は、当然のごとく父のようなエリート官僚になることを求められますが、その期待を裏切り女遊びと文学に傾倒します。

父の勧めで結婚もするんですが、これも荷風の浮気が原因で程なく離婚。

ことごとく父の期待を裏切り、放蕩な生活を送りながらも心のどこかで真面目に活きたいと望んでいるようで。

女性と刹那的な遍歴を繰り返しつつ、持続的な愛情を望んでいるようで。

荷風になりたい』で描かれる荷風のそんな複雑な人間性に興味を覚えて、彼の代表作の一つと言われる『濹東綺譚』を読んでみました。

今日はその感想を書こうと思います。



永井荷風(1879〜1959)
花柳界を舞台とした作品を多く発表した。形骸的な文明化、西洋化を批判し、失われゆく江戸の面影を偲んだことで知られる。1952年、文化勲章受賞。
代表作に本文で紹介した『濹東綺譚』の他に『腕くらべ』、『つゆのあとさき』などがある。


『濹東綺譚』の主人公・作家の大江は小説の取材をすべく、東京は玉の井の私娼街に日参していました。

そんなある日、ひょんな事から彼は私娼のお雪と出会います。

玉の井を訪ねてはお雪と話しているうちに、大江は親子ほども年の離れたこの女に惹かれていることに気づきます。

お雪も大江に好意を寄せていたようで、もうすぐ借金を返し終わったら「おかみさん」にしてくれるように大江に頼みます。


濹東(ぼくとう)綺譚 (岩波文庫)

濹東(ぼくとう)綺譚 (岩波文庫)

作中でお雪が大江の横で食事をした時、「ねえ、あなた。話をしながらご飯を食べるのは楽しみなものね」というセリフを言いますが、ひとり暮らしをしているとこのセリフが身にしみます(笑)


大江の心は揺れ動きますが、幾多の女性との関係を破綻させてきた自らを省みて、お雪を幸せな家庭の女にするのは自分ではないと考え、夏の終わりとともに彼女の元を訪れなくなるのでした。


摘録 断腸亭日乗〈上〉 (岩波文庫)

摘録 断腸亭日乗〈上〉 (岩波文庫)

摘録 断腸亭日乗〈下〉 (岩波文庫)

摘録 断腸亭日乗〈下〉 (岩波文庫)

1917年から死の前日までつづられた荷風の日記。「断腸亭」は空襲で焼け出されるまで住んだ荷風の邸宅をの名。
当時の風俗、文明・時事批評、来客、交友関係など内容は多岐に渡る。女性関係も赤裸々に書かれているそうです(笑)


さて、この大江のモデルは荷風自身ではないかと言われています。

また、荷風の日記『断腸亭日乗』にお雪のモデルになったと思しき女性の記述があることから、ある程度実話に基づいているとも言われています。

この作品がどの程度事実を反映しているかどうかは今さら確かめようがありませんし、今日の本題でもないので立ち入りません。

しかし、荷風のある種の心情なり願望の投影であるだろうとは思うのです(私が荷風の作品を読んだのは『濹東綺譚』が初めてで、そんなに彼のことを知っているわけではない。だからここからは大いに誤解している可能性のあることを承知で話を進めます)。

私には荷風が刹那的な女性関係を繰り返しつつも、一人の女性をただ愛したいと願っていたように思えてならないのです。


荷風は間違いなく女好きでしょう。

しかし、一方で女性や社会の弱者に向ける優しさや、一途さがあったようにも思うのです。

でなきゃ、モテるはずもない。

だがしかし、持続的な関係を築くのは上手とは言えなかった。

それ故に荷風は結果的に不誠実な男になっていったのかもしれません。

我ながらなぜここまで荷風の肩を持つのか不思議ですが(笑)、そんな荷風がなぜだか好きです。


さて、この作品を読んで思うのが、自分が大江の立場ならお雪の「求婚」を受け入れたかどうかということ。

私ならば受け入れたと思います。

なぜならば、幸せになるかどうかはやってみないと分からないと思うから。

どんな過去があれ、人を好きになったのならその思いに正直になっていいと、私は思います。


惚れっぽくて、気が多くて、女性が好きで、それでいて一途なところで、私と荷風はよく似ている。

だが、彼の生き方まで似ることもない。

死が二人を別つまで、彼女を温め続けられるような愛情を持てることを目指しましょう。


今日はこんなところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。